今年は例年に比べると、早く冬が来そうな感じがします

今年の夏は例年に比べるとかなり暑かったのですが、冬は意外と速く来そうな気配がしています。最近は特に朝晩の気温が下がってきて、かなり寒くなってきました。

暖房や冬の必要なものを、そろそろ出していかないといけない時期になってきました。それでも昼間は晴れると、爽やかな秋晴れなので、このような天気がこのままずっと続いてほしいと思います。

しかし、秋空は変わりやすいと言われているように、突然天候が変わってしまうこともあります。外が晴れていたので自転車で外出をしたら、遠くで雷が鳴っているのが聞こえました。

雷が鳴ると、突然大雨になってしまうこともよくあります。その為、急いで用事を済ませて帰宅をしました。

案の定、帰宅してからしばらくしたら、外は豪雨になりました。雷が鳴る回数も増えました。

外出時に転機に恵まれるかどうかは運もあるような気がします。毎日天気予報をチェックしていますが、必ずしもその通りにならない時もあります。

また、地域別でもかなり広範囲での天気予報なので、いつもピッタリ合うというわけにはいきません。なので、自分なりの勘のようなものを頼りにして、天気を予測するしかない時もあります。

動物たちも変化する季節ですね

春から家の窓の脇に小さな蜂の巣があります。夏はもっとも活動が盛んでしたが、少し前にかなり寒くなった時は、誰も居なくなり、巣は空き家状態になってしまいました。

このまま空き家の状態のままになってしまうのかと思っていたのですが、天気が回復して暖かくなってきたら、また蜂が活動を再開しました。とは言っても、秋の暖かさはそう長くは続かないと思います。

その為、いつまで蜂を見ることができるのかと思うと、妙に寂しい気持ちになったりしています。蜂が家の中に入らないように気を付けていますが、巣にいる蜂たちの活動はそっと守っている感じです。

自宅の裏が畑になっているので、いろいろな生き物を見ることができます。それを観察するのも楽しみの一つになってきました。

良く観察していると、何年も常連でやってくるセキレイが居たり、いつも野菜を狙っているカラスなど、被害は別にしても見ているだけで楽しくなってきます。

また、近くに田んぼがあるので、最近はスズメの群れを良く見かけます。他の生き物たちも冬の準備を始めているのだと思いました。

ツバメはあまり見かけなくなってきましたが、代わりに白鳥がやって来ているようです。夏と冬の生き物の交代の時期が来たと思いました。これからもいろいろと観察を楽しみたいと思います。

なんだか結婚が現実味を帯びてきたのでびっくりな秋の夜長

最近、人と一緒にいることがいいかな?なんて思ったりするところです。その中でも彼氏ができて、結構そちら優先になっていたりもします。結構やらなくちゃいけない仕事とかあるので、なんとなくうっとおしいこともあるんですけどね。

でもまぁ、世の中の人ってそういうやりとりをしながら生活してるんだよなぁって思って、なんとか慣れようと頑張ろうとしているところです。新しい生活の始まりかなって思って、いろいろ観念する予定です。

一人が長すぎるとやはりなんでも自分の時間として使えると思ってしまうのでそこを勘違いしないようにうまく時間を使わないよなぁって思っています。時間の使い方を考えてしまうといいますか。

というわけで、とにかく平日は遊びの時間とかをとらないようにしないとって感じですね。とにかく、一応彼の予定とか色々考えて結婚とかも考えてやらないとな?みたいな感じです。

ラインとかで気軽にやりとりをしていますが、彼氏がわりと計画をしているみたいで、どうやらその通りにいきそうな感じです。こんなことってあるか!?みたいな感じで、ちょっとびっくりしてますけどなんだかトントン拍子で進みそうです。

ま、大人婚ですししめやかにすべてを滞りなく済ませられればいいかって感じですけどね。

でもまぁ、人にいろいろ頼むこともありそうだし、その意味では結構時間がとられちゃうなっていうのは怖いんですけどね。ひとまず、何が起こっても良いようにその意味では自分の時間コントロールが本気で必要だなぁとか。

両親とかはもう引退している人たちなので、時間の都合はつけやすい人たちですけど、何かと彼の仕事も考えないとだしってところで、すごく考えるだけで時間をとられているなとも。

やることはやって余裕をもってその日を待つ

とにもかくにも、事前に準備はしておくべきかなって思っていて、連絡する先には連絡しておかないとって思う日々です。何事も早めにやっておくことで、余裕があって気楽に過ごせるのでそこは外さないようにしないとって思っています。

お仕事につぶされないように、今日も夜のうちにできることをやっておくつもりです。正直その意味では彼氏のラインが終わらないかしら?と思っちゃったりしています。

気楽に追われないのが関係性濃いと難しいなぁって思ってしまうばかりです。でもま、それを楽しめるかどうかが人生なので、二人暮らしを夢見て今からできることを少しずつ始めようと思います。

どうしても、立ち止まってしまうことがありますが、無理することにならないよう、結婚式のこともしっかり考えておこうと思う今日このごろです。

家にくる友達はたくさんいるのに修学旅行はぼっちってどういうことだろう?

私には小学生の息子が1人いますが、去年あたりからようやく学校の友達と遊ぶようになってきました。それまでは一度たりとも家に行ったり来たりがなく、学校に友達が1人もいないのだろうか?という疑問や不安がずっとあったので、よかったなぁと心底ほっとしました。

しかし、だんだんとこれって友達なんだろうか?という疑問がわいてきて、都合よく利用されているのかも?という気持ちが出てきました。うちには来るけど相手の家には呼んでもらえないことが多かったので、呼べないうちなのかな?って思ったりもしたのです。

だけど、女の子のママ友から、なんとかくんちにみんなが集まってるみたいだねってメールがきて、うちにしょっちゅう来る子だったんです。うちの子を除くメンバーがほとんど呼ばれていたようで、かなり頭に来ましたね。

それでもまた休日になると約束もなしに押し掛けてくる男子たち。食べ散らかしたお菓子がお昼のゴミをベッドや床に散乱させて帰って行きます。

ゴミ箱に貼り紙をして、ゴミ箱に捨てなさいと書いたのに1人も捨てないってどういうこと?家でもそうなのかな?と思ってみたり。息子が学校で仲間外れにならないようにとこっちも我慢して家に入れていたけれど、なんの意味もなかったのかもしれません。

修学旅行を楽しめるのか不安です

もうすぐ修学旅行があるけれど、高学年になると好きな子とグループが組めてディズニーランドとか回れるわけですが、息子は一緒に組む子いないといいます。あれだけうちに毎週のように押しかけてきているのに、友達1人もいないの?って驚愕です。

同じクラスじゃない子も遊びにきているけど、同じクラスの子も何人もいます。だけどそういうときにグループ組む子がいないってどういうことでしょう。

正直言って、私はこの修学旅行でぼっちにならないようにって気持ちを込めて家に入れてやっていた部分もあるんです。なのに、そんなかぁってがっかりしました。だからもう家には入れないことに決めました。

ぼっちとはいっても男女混合になるので、誰かしらのグループに押し込まれるとは思いますが、要するにクラスの余り者で組まされるってことでしょうね。

日が近くなったら行きたくないって言わないかなってちょっと不安です。宿泊はホテルで、スパもあるいいところなんですが、グループがつまらないとそういうのもつまらないんだろうなって悲しくなります。

できるだけ気分が上がるように着て行くものとか持って行くものを工夫したいとは思いますが、はたしてどうなることやら?少しでもいい思い出が出来て帰ってくるといいのですが・・・

いま一度見つめてみた米国肥満事情に思うこと、学ぶこと

折に触れ、アメリカ合衆国の抱える社会問題を見つめることがあります。人と人の関わり合いでできている社会。なので社会問題を見つめることは、そのまま人間や人の生き方そのものを見つめることにつながると思います。

人種のサラダボウルと言われて久しいアメリカ大国。あれだけ多種多様の人々がひしめき合うお国なら、興味深く見つめてみたくなりますね。

さて、肥満大国で有名すぎるアメリカさん。何を取ってもワイドなこの国は肥満問題にかぎらず、社会問題全面的にビッグなお国には違いありません。

ダイエット産業は潤っているにもかかわらず、人々の肥満問題は未だ解決せず。どの商品も誰もが肥満解決のために買ったはずのダイエット商品でしょうに、凄まじい矛盾です。

肥満になるしかない社会構造が問題

最近、肥満者を搬送するための救出費用にかけられた金額を知ってたまげました。特殊な搬送救急車にいたっては18万ドルとのこと。時価取引レート113円ぐらいで為替計算すると、1台2000万円ちょっとの金額になります。

続いて、特殊ストレッチャー。こちらも9千ドルと来ました。時価額で約100万円ほどです。ウィンチひとつとっても8千ドル。時価額で90万ものお値段ということになります。

やはり米国が肥満によって犠牲になっている資本の方も、大きいのが分かります。莫大な資本の背後では常に有り余り続ける大量の食品で食え食え攻撃をし、その一方で「太りすぎは自己管理能力が低いし、万病のもと」というメッセージが存在するわけです。

社会の中で相反する矛盾したメッセージ同士の対立というのはどこのお国でもあるものですが、その対立は米国にいたっていっそうの顕著さを見せてくれます。

お金の不足に喘ぐ低所得者層が、野菜ひとつ買うよりバーガー3つ買った方が安い現状のもとで余儀なくされる肥満も然りでした。体にいいわけがないジャンクフードに税金をかけて対策を取るアメリカ政府。

炭酸飲料にいたってはソーダ税。ソーダ税って。。。と思うものの、その切実な問題背景を考えると笑い事ではありません。日本もジャンクフード税がかけられるのが他人事じゃなくなる日が来てもおかしくはないでしょう。

全面的に切実な現状が影響し合って作られているとも言える、米国肥満事情です。情報化社会の下、肥満やダイエットに関する大量の情報の力が解決をするわけではありません。総じて時間をかけ、じわじわとクリアしていくしかなさそうです。そんな印象を受けました。

ウェイトや体脂肪数のみに着眼するのではない、文字通り生き方そのものである本来のダイエットが、全米に行き渡ることを願います。

落花生を初めて収穫して調理したり部屋の掃除やメルカリの発送をした日曜日の朝

今日朝起きた時、外は曇りだったので雨が降るだろうなと思ったのですがすぐに晴れました。なので予定通り私が育てていた落花生を試しに収穫することにします。

昨日、母から近所の人が落花生を収穫したのでもらうことになったという話しをしていたためこれは私もしなくてはならぬと収穫してみる決断をしました。

髭を剃ってから外に出て軍手と長靴をはめて落花生畑に行き、さてどうやって抜いたものかとひとつの枝を引っ張ってみると落花生の種がぽろぽろと地面から抜けます。

思っていたよりも土がやわらかくて安心しつつ次々に枝を引っ張って行き、最後はまとめて引っ張って中心の根を持ち上げて近くの地面にさかさまにして置きました。

さて、種の方は無事できているかと見てみると店で売っているものと同じぐらいの大きさのものがあるものの、まだ小さい粒のような種もいっぱいありまだ早かったと思いました。

とりあえず大きくなっていた種だけとり、他は生ごみ置き場に捨てに行きます。近くで母がもらいものの落花生をとっていましたが中々立派なもので悔しくなりました。

一仕事終えた後の落花生はうまい!

落花生の種をキッチンに置き、先に部屋の掃除をすることにします。それは私の日曜日の朝の習慣なのですがゲーミングパソコンのシャットダウンがいくら待っても終わらずに壊れたのではないかと不安になりました。

その間にアプリで英語学習したり雑事をして待っていたのですが一向に終わらないので電源をオフにして切り、すぐにオンにして壊れていないかチェックをするといつもと変わらない様子なので安心してまたシャットダウンして掃除にとりかかります。

それを終えて朝風呂に入ろうとキッチンに行くと、なんと母が圧力鍋で落花生の塩ゆでを作っており、それを食べるととろけるような美味さで手が止まりませんでした。

充分に食べた後朝風呂に入り、次はメルカリの発送作業にとりかかります。

昨夜から今朝にかけてなんと3つも商品が購入されたため、嬉しく思いつつもローソンで手続きしたら周りの迷惑になるだろうなと不安に思っていたのですが、ローソンに行ったら店員の方が上手くさばいてくれたためスムーズに発送の手続きは終わりほっとしました。

いつもは郵便局で手続きしており、そこはいつも空いているので楽々手続きできるのですが日曜日なので当然この日は閉まっています。それから帰宅したら今度は自分で落花生を塩ゆでしました。

30分で出来上がりとネットのレシピに書いてあったのですが、食べてみると固くてやっぱり圧力鍋にはかなわないなと思いました。

肌寒い日が増えて毎日着るものに悩む日々。断捨離決意!

今日は朝からいいお天気~。天気予報では午後から雨の予報なので、子供には傘を持って出かけるように伝えました。でも、外は晴れているので、本当に傘必要なのー?と子供は持っていくのをしぶっていました(笑)

嫌なら持っていかなければいいんだろうけど、そうすると傘持って迎えに行ってあげないといけなくなるので・・・それは私が困るので強制的に持たせました。お昼過ぎたら、小雨が降ってきました。良かった~傘持たせた甲斐がありました!

それにしても最近は肌寒い日も増えてきて、服装に困る毎日。子供のタンスの中には半袖と長袖が入り混じりグチャグチャな状態。毎日着せていくものに困ってしまいます。

幼稚園に通う下の子は、本人がまだまだ夏物を着たがり、季節感のない服装をしています。服のこだわりがすごくて、私が用意したものは着ようとせず、自分が好む洋服をタンスから出し直して着ていきます。

時間のない中毎朝必ずこのことで揉めるので、私は毎朝この時点ですでに疲労困憊です。

と言っても、自分の服も毎朝決めるのに時間がかかります。毎年季節の変わり目には「昨年は何着てたっけ~?これは今年の自分には似合わないな…」と思うことが多々あります。

若い時に買った服も、まだまだ着れそうな状態だけど、顔に似合わなくなってくるのです。捨てられないでタンスに眠ってる服がたくさんあるので、そろそろ断捨離しなくちゃなーと思っています。

オシャレとスペースのバランスが難しい

今年はロングスカートが履きたくて、色々お店を見て回ったけど気に入ったものに出会えなかったので、ネットで見つけて口コミが良かったものを買ってみました。なかなかいい感じで、子供にも「かわいい~♪」と言ってもらえて良かった。

それに合わせて黒のスリッポンも買ってしまいました!靴は何年も気に入ったものを履き続けるので、買ったのは久しぶり。もう少しして雪が降りはじめたらブーツになるので、それまでの間たくさん履いちゃおうと思います。

子供服も色んなブランドがあって、そういうおしゃれに目覚めてきた長女。お友達の間で流行ってるブランドの服を欲しがるようになり、最近は子供の方がお高めの服を着ている状態です。

おしゃれも大事だし、そういうことに興味を持つことも必要だと思っていますが、お金はかかります。

今年はコートがサイズアウトしちゃっているので、かわいいコートをゲットしたいと思ってます。下の子はいつもお下がりなので申し訳ないけど、喜んで着てくれるので助かってます。

それにしても今年中に、子供のタンス、自分のタンス、どちらも断捨離決行したいと思います!!

街の写真館での七五三写真の前撮りが無事に終わりました

七五三の前撮りに行ってきました。娘はテレビのCMの影響でスタジオアリスに憧れを抱いているのですが、我が家はいつも地元のレトロな写真館で撮るんです。

前日から衣装を用意して、早く寝させてたっぷりと睡眠を取り準備万端です。何より不機嫌になられるのが一番困りますからね。心配をよそに本人は綺麗な着物を着て至ってご機嫌でした。

しかしお姉ちゃんが不貞腐れてしまったんです。お姉ちゃんの七五三写真を見せて自分も同じようにしてもらったことを説明したんですがどうにも気持ちがおさまらないようなので、お姉ちゃんはパパと留守番させることにしました。

今時、お姉ちゃんにも衣装を着させて姉妹で撮影したりよくしていますよね。でもやはり姉妹で差をつけたくないのでお姉ちゃんと同じように妹にも単品できちんと写真を残してやりたいんです。

そして、予算的にも姉妹写真も家族写真もと撮りまくる訳にいかないので仕方ありません。

街の写真館とスタジオアリスとの違いは娘によく分からないようで、写真がたくさん並べてある写真館につくと大声で「スタジオアリスだ?」と言うので焦ってしまいましたが、テレビCMのイメージと違うと不機嫌にならなくて一安心です。

ヘアメイクはもちろんお化粧をしてもらうのもとても嬉しそうで、いつもお母さんを見ているから口紅をムパッとする仕草とか心得ているんですよ。親バカですが、それがめちゃくちゃ可愛いんです。

小さい子の撮影って大変ですね

ご機嫌でも撮影は悪戦苦闘でした。ベストスポットから歩いて移動しちゃうし、手を上げたりピースしちゃったり思うようなポーズを決めてくれないんです。

笑顔でカメラ目線でまっすぐ立つなんてそんな奇跡な瞬間が訪れるとは思えなかったんですが、なんとかなるものですね。自然な姿も素敵だと思うんですけど、やっぱりちゃんとしたイカニモな写真が欲しいじゃないですか。

沢山撮った中から選ばせてもらえる方が楽しいとは思うんですが、そこは街の写真館なのでプロが選んで現像してくれるそうです。仕上がりまで一ヶ月、待ち遠しい限りです。

帰宅してせっかくなので庭で写真を撮ろうと思ったのですが、急に緊張の糸が切れたのかテンションダダ下がりしてしまいました。ナチュラルな感じのスナップ写真を沢山撮っておきたかったのに思うようにはいかないものですね。

本人はすっかり七五三が終わった気分になっていますが、まだ本番のお参りがあるのでその時にまた写真を撮ろうと思います。お姉ちゃんが不機嫌になるだろうから嫌な予感がしますけどね。何もかも良い思い出にしていきたいです。